事業者ローンの種類

事業者ローンは、個人事業主や中小企業の経営者にとって、とても役立つローンです。事業主や経営者にとっては、常に資金繰りは難しい問題です。

事業を営んでいる人にとっては、現在はうまく回っていても、どこかの取引先が不渡りを出してしまうと、一気に資金繰りが悪化してしまうという不安を抱えています。

そんなときに役立つのが事業者ローンです。個人事業主や中小企業の経営者にとっては、なくてはならない存在のローンです。

そんな事業者ローンには、どんな種類があるのでしょうか?

融資の種類によって分類すると、「有担保ローン」「無担保ローン」「カードローン」に分けられます。

「有担保ローン」とは、不動産ローンなどといわれる不動産などを担保に設定して融資を受けるローンで、銀行のリスクを低くするため金利を下げることができます。

「無担保ローン」とは、担保はなしで行われる融資のことで、商品によっては保証人も要らないものがあります。無担保ローンはもともと担保が不要ですから、保証人も要らない商品になるとさらに金利は高くなります。

「カードローン」は、信用調査で限度額を設定したら、その範囲内で何度でもキャッシングができるものです。

事業者ローンは、債権者別に分類することもできます。事業者ローンを提供しているのは銀行だけではなく、信販会社や消費者金融なども融資を行っています。

銀行の事業者ローンは最も一般的ですが、個人向け融資と同様に審査が厳しい傾向があり、審査に時間もかかります。ただし、金利は低く設定されています。

反面、信販会社や消費者金融の事業者ローンは、銀行と比較すると審査が早いことが特長です。消費者金融の個人向け融資は即日融資が可能ですが、事業者ローンも速ければ即日で融資を受けることができます。そのため、銀行と比較すると金利は高めに設定されています。

事業者ローンには、このような種類がありますので、それぞれの特長を知って、手続きに必要なものを確認したうえで、目的に合った商品を選ぶことが大切です。

事業者ローンの金利

取引先からの入金が遅れそうとか、売上が上がらないために給料の支払いができないなど、中小企業や個人事業主が常に抱える問題です。中小企業の経営者や個人事業主にとって、資金繰りは常に抱えている悩みでもあります。

そんな中小企業の経営者や個人事業主に大きな助けになっているのが、事業者ローンです。とは言っても、事業者ローンも融資ですから、利用すると金利に基づいての利息がかかってきます。この金利は、やはり利用者にとって大きなポイントとなります。

事業者ローンには、銀行系の事業者ローンと消費者金融などのノンバンク系事業者ローンがあります。この2つでは、銀行系の事業者ローンの方が圧倒的に低い金利となっています。

事業者ローンには、担保や保証人を付ける有担保ローンがありますので、担保を付けることで銀行のリスクを減らすことができるため、圧倒的な低い金利を実現することができます。非常に魅力的な事業者ローンですが、銀行の事業者ローンであり、担保や保証人が必要という手続きも複雑になります。当然、審査も厳しいですから、確実に返済ができるという人でなければ、なかなか融資を受けることはできません。

一方のノンバンク系の事業者ローンは、銀行系と比較すると金利が高く設定されています。個人向けの融資と変わらない、16%~18%という高金利で融資が行われている商品もかなりありますので、銀行系事業者ローンと比較すると、大きな差があります。

ノンバンク系の事業者ローンは、金利が高い分、審査は緩くなっていて、利用者にとって間口が広くなっていることが特長です。銀行の事業者ローンが利用できない事業主、経営者にとっては、ノンバンク系を選択するしかありません。

高額の融資を受けると非常に厳しいですが、ノンバンク系事業者ローンを利用する場合には、短期的な借入や、必要以上に大口の融資を受けないなど、無理な返済にならないように使うことが重要です。